• 新着情報
  • 交通アクセス
  • 体験入学・個別相談会
  • 資料請求
  • [昼間部]
  • 3年制
  • 男女/定員30名
柔道整復師学科

打撲・捻挫などに対し、回復処置をする医療の国家資格を目指す。

柔道整復師とは?
柔道整復師とは、厚生労働大臣免許のもと、打撲、捻挫、挫傷(筋、腱の損傷)、骨折、脱臼などの施術を行う専門職の正式名称です。名称の中に柔道という言葉が入っているのは、日本古来の柔術から生まれた医療資格であるため。活躍の場は整骨院や接骨院が主ですが、最近では病院・クリニックなどでの勤務も多くなっています。またスポーツトレーナーをはじめとするスポーツ医療の分野からも注目を集めているほか、介護福祉分野での活躍も期待されています。

POINT

  • 1
    安心の担任制で学び&将来の不安も解消
    本学科では、1年次に基礎医学と柔道整復理論・実技の基礎学習を、2年次に、より広範囲な理論・実技の習得と臨床的実技習得を、3年次に全履修科目の総括と徹底した国家試験の受験対策を行っています。さらにはExcelやWordなどのパソコンスキルのほか医療人として必要な医学英語も習得。 また担任制による、きめ細かな学習指導および就学相談も、本学科の特色のひとつです。
  • 2
    校舎1階にある整骨院で臨床実習
    校舎1階には、本校卒業生が院長を務める、えきまえ整骨院を併設しており、一般の患者様のほか、本校附属の臨床実習施設として学生たちの臨床実習も行っております。
  • 3
    医療系国家資格を目指すため解剖見学を実習
    本学科では、医療系国家資格取得の基礎となる解剖学的知識を深めるため、名古屋大学医学部の指導の下、解剖見学実習を行っています。課題を持ってグループ学習や個人学習に取り組むことで、医療従事者としての心構えを身につけることができます。

コース紹介

カリキュラム

STUDENT Voice!

学生の声
  • 基本から学び始めるのでわかりやすい!
    柔道整復師学科(瓊浦高等学校卒業)
    藤下 駿さん
    高校で柔道をやっていたので、ケガをしたときはよく整骨院に通っていました。整骨院で治療を受けるうちに、自分もこの道に進みたいと思うようになりました。この学校を選んだ理由は、交通の利便性が良く、体験入学で丁寧な指導をして頂いたからです。入学する前は勉強についていけるか不安でしたが、難しい専門用語も漢字の読みから教えてくださり、とてもわかりやすく、今は入学する前の不安もなく、この学校を選んで良かったと思っています。これからも毎日の勉強を徹底し、国家試験合格を目指して頑張ります。
  • 憧れだった職業へ一歩一歩確実に進める!
    柔道整復師学科(大村城南高等学校卒業)
    岩永 瑞季さん
    こどもの頃から柔道整復師の仕事に憧れていて、高校の体験学習で整骨院へ行き、この仕事に就きたいと強く思うようになりました。オープンキャンパスの体験授業が楽しく、わかりやすかったので、楽しみながら学ぶことができると思い、この学校を選びました。高校生の頃と比べると授業は難しいですが、その分やりがいもあり、ずっと憧れていた柔道整復のことを勉強するのでとても楽しいです。これから資格取得を目指して、授業を一つひとつ理解しながら勉強できるように頑張ります。

就職率

骨折、脱臼、捻挫、打撲などの患部を整復!育成するのは、幅広い分野で活躍できる柔道整復師です。
業界で活躍中のプロフェッショナルたちによる、生きたノウハウを活かしたわかりやすい実践指導により、柔道整復学の理論および実技をマスター!そんな本学科では、早くも1年次から全員合格を目標に国家試験を見据えた授業を開始。定期考査をはじめ、科目の理解度をチェックするための実力試験を実施するなどして、基礎学力向上と技術習熟度アップを目指していきます。もちろん柔道未経験者でも大丈夫。講義・実技・現場実習の3本柱で、業界の即戦力となれる実力を備えた柔道整復師を育成していきます。

●目指す資格

柔道整復師国家試験受験資格

●実習先

えきまえ整骨院(本校1F)
恵美須町整骨院

●卒業後の進路

整骨院勤務・開業 / スポーツトレーナー / 病院勤務(整形外科等) / 大学・専門学校教員 / 介護施設勤務 など
柔道整復師学科

スポーツ柔整コース

スポーツテーピング講座
固定だけに限らず、運動時、急性時、回復時、日常時などバリエーション豊富なテーピング技術を学びます。
スポーツテーピングとは、人体の関節や筋肉にテープを巻くことでケガの予防や応急処置などの役割があると同時に、アスリートの動きやすさを考慮したテーピング法です。
  • 足首
    01
    足首
    足首の負傷で最も多いのが捻挫です。捻挫をするのはほとんどが「内向きにひねる、内反ねんざ」です。足首のテーピングは「固定」するためと、捻挫しないための「予防・保護」の役割があります。
  • 膝
    02
    膝関節の炎症などによる痛みがあるときは、テーピングをすると効果的です。痛みを抑えることで動きやすくなり、運動に支障がなくなるので、パフォーマンスに集中することができます。
  • 手首
    03
    手首
    スポーツ中や日常生活でも起こりうるのが手首の捻挫です。症状を悪化させないためにも早期のテーピングが大切です。
  • 肘
    04
    テニス肘サポーターよりも個人の症状に合わせられるのがテーピング治療。巻き方を覚えれば良い治療効果が得られます。
  • 肩
    05
    身体の中で最も動く範囲が広い反面、脱臼などの障害が起こりやすく不安定な部位。予防テーピングで怪我を防止しましょう。
  • 太腿
    06
    太腿
    脚力が弱く、ランニング時に足がガクガクするときや、ターン、ストップ、ジャンプ等を繰り返す場合のテーピング法です。
  • 指
    07
    指のつけ根に違和感がある場合は、サポートテーピングでケガの予防や再発防止、痛みなどの症状緩和に役立てましょう。
  • 腰
    08
    腰痛は筋肉に余計な負担をかけることで起こります。正しい姿勢をキープできるテーピング方法で痛みを和らげましょう。

現場でスポーツ障害や外傷、高齢者の介護予防や 治療サポートまで即戦力として活躍できる人材を育成!

アスリートたちのパフォーマンスの向上や怪我の防止を図りながら、もしもの怪我に対して、メディカルトレーナーとして、治療やそのサポートを行える人材ほど、スポーツ界が待ち望んでいる人材はいません。このコースでは、柔道整復師学科の授業+αの時間で、スポーツ競技者のパフォーマンスの要となる、足首、膝、手首、肘、肩、太腿、指、腰への障害や外傷に対して行うテーピングの知識や技術を学びます。テーピングはスポーツ分野だけではなく、高齢者へのリハビリなどでも注目されており、身体機能の維持や回復のサポートとしても欠かせない存在となっています。柔道整復師が活躍する医療現場でも、施術後に筋肉や症状回復のサポートにテーピングを行うことも少なくありません。そのため、そういった現場のニーズに応え、即戦力となる人材を育成するのが、このコースの目的です。将来、スポーツトレーナーやスポーツに関わる仕事がしたいとお考えの皆さんのためのスポーツ柔整コースです。

  • これからの高齢者医療に、“レジスタンストレーニング”&“テーピング”を。
    西スポーツ整骨院/機能回復訓練トレーニングセンター 放課後等デイサービスあじさい虹ヶ丘店

    代 表西 良典さん

    私は整骨院とトレーニングジムを運営しています。そのため日頃から高齢者と接する機会も多く、スポーツだけではなく高齢者の筋力アップや治療のためにテーピングを行っています。人間は、老化により体力が衰え体のバランス感覚も失われていきます。私の施設では、老化による筋肉や体力の低下に対して、専用マシーンやチューブを使った筋力トレーニング(レジスタンストレーニング)と、テーピングを使った筋力サポートを併用し、日常生活で重要となる起立運動、歩行運動、手足の屈伸運動のための筋力強化、さらには整復と併用した治療を行っています。
  • 患者様のため、そして自分のためにも“テーピング”は治療や仕事の幅を広げてくれます。
    えきまえ整骨院

    院 長小森 貴士先生

    整骨院の治療の中で、テーピングの効果と必要性について日々実感しています。中学生・高校生の場合、部活動等の運動時に起こったケガによるもので、患部の悪化予防や運動時のサポートを目的としたテーピングが求められます。また、年配の方には日常生活のちょっとした動きの中で起こる痛みに対して痛みの緩和や筋・関節のサポートを目的としたテーピングが求められます。患者様の多様なニーズに応えることのできるテーピング技術は、自分の仕事の幅を広げる上でも、また患者様のためにも今後ますます必要になってくると考えています。