• 新着情報
  • 交通アクセス
  • 体験入学・個別相談会
  • 資料請求
WE LOVE NMCCのここがすき NMCC キャンパスライフ

毎日が楽しい発見でいっぱいです

介護福祉科
江村 奈々さん
( 鎮西学院高等学校卒業 )
私は、以前から年配の方と話をすることが好きで、人の 役に立てるような仕事をしたいと思い、介護の道を選びました。入学を決めた理由は、アットホームな学校であることと、長崎駅から近く、毎日通うのにとても便利だからです。勉強や実習は大変だと思うことはありますが、専門的な内容を学べているので、毎日新しい発見でいっぱいです。卒業までの2年間の中で、いろんな検定を取得し、介護福祉士の国家試験合格を目指します。就職してからは、年配の方と共に楽しみを分かち合い、寄り添っていけるような介護福祉士になりたいです。

介護の現場で働く柔道整復師になりたい

柔道整復師学科
奥村 るなさん
( 西彼農業高等学校卒業 )
初めは、介護の仕事に興味があり、親の務める職場に行くことがありました。その介護施設には、柔道整復師の方が働いていて、介護の仕事とは違う利用者の方との関り方があることを知りました。また、この仕事は人の体や心の痛みを和らげ、喜んでもらえる素敵な仕事だと思い、入学しました。勉強は医学的な内容もあり、難しいですが、先生方がわかりやすく教えてくれるので、新しくできた友人たちと一緒に頑張っていきたいと思います。将来は整骨院で技術を学び、介護の分野で活躍できる柔道整復師になりたいです。

患者さんの不安を少しでも和らげたい

医療ビジネス科
杢尾 栞奈さん
( 長崎日本大学高等学校卒業 )
病院に来る患者さんは、病気やケガの他に、いろんな不安な気持ちを抱えて来ると思います。私は、そんな患者さんに笑顔で接し、気持ちを和らげることができるような仕事をしたいと思い、医療ビジネス科を選びました。学校の授業は、簿記や医学知識など、高校では習っていない難しいものもありますが、先生たちが丁寧に教えてくれるので安心して学べています。就職後は患者さんとしっかりコミュニケーションを取り、日々勉強しながら、患者さんや職場の方にも頼りにされるような人材になりたいです。

夢を叶えるため、ここへ来ました。

保育こども学科
野口 隼人さん
( 長崎南山高等学校卒業 )
私は、小さい頃からいとこの面倒をみていました。小学生の頃には弟が生まれ、具体的にこどもと触れ合える仕事がしたいと思うようになりました。男性の保育士資格を目指せる学校は、長崎市内ではここだけだったので、夢を叶えるために入学を決めました。学校の授業は、レポートの文章を作ることが難しいと思うことはありますが、クラスの雰囲気もいいので、楽しみながら学べています。今は学級委員長をしているので、責任感を持ち、授業に積極的に参加しながら、学童保育のアルバイトをして現場の力も身に付けていきたいです。

スポーツと医療に関われる資格です。

柔道整復師学科
田浦 一樹さん
( 長崎総合科学大学附属高等学校卒業 )
野球部の練習中にケガをした時、よく通っていた整骨院の先生に憧れ、将来は柔道整復師として働きたいと思うようになりました。この学校を選んだ理由は、オープンキャンパスに参加した時、学校の雰囲気がよく、国家試験の合格率もとても高かったからです。勉強は、新しいことを覚えるのが大変ですが、先生たちがわかりやすく教えてくれます。特に実技の授業は包帯を巻いたり、治療の方法を学べたりするのでとても楽しいです。これからは予習・復習をしっかりとおこない、スポーツに関わる柔道整復師として働きたいです。

専門的な内容も安心して学べます

柔道整復師学科
稲形 瑛梨さん
( 純心女子高等学校卒業 )
私は、中学生の頃から、ケガの治療や体のケアのために整骨院へ通っていました。整骨院の先生は、治療だけでなく、プレーのアドバイスや相談にも乗ってくださり、「たくさんの人たちを助けることができる、柔道整復師になりたい」と思うようになりました。この学校に入学してからは、専門的な内容も先生や友人が教えてくれるので、安心して学べています。まだ1年生ですが、国家試験合格を目指し、頑張っていきます。将来は整骨院に勤務し、技術を磨いてスポーツトレーナーとして活躍していきたいです。

一人暮らしでも充実した毎日を送っています

医療ビジネス科
松木 莉子さん
( 国見高等学校卒業 )
看護師として病院で働いている姉に憧れ、人とのコミュニケーションが必要な受付の仕事に興味を持つようになりました。私は、資格を取って就職できる専門学校を探していた時に、多くの資格を取ることができ、2年間自分のペースでじっくりと学ぶことができる、この学校を選びました。一人暮らしと新しい学校生活に慣れないところはありますが、いろんな話のできる友人ができ、新しい分野の勉強を学びながら充実した毎日を送っています。将来は病院の受付として働き、小さなことにも気配りができるようになりたいです。

人の心に残るような保育士になりたい

保育こども学科
西村 果笑さん
( 瓊浦高等学校卒業 )
幼い頃、優しく接してくれた先生に憧れ、保育士を目指そうと思いました。入学を決めた理由は、3年間じっくり学ぶことができ、いつも楽しそうにしている先輩たちのように、私も楽しみながら通いたいと思ったからです。私は人見知りで、学校に馴染めるか不安でしたが、そんな不安が吹っ飛ぶくらい明るい雰囲気のクラスなので、楽しく通えています。ピアノは苦手ですが音楽は好きなので、たくさん練習して色んな曲を弾けるように頑張ります。憧れの先生のように誰にでも平等に接し、人の心に残るような先生になりたいです。