• 新着情報
  • 交通アクセス
  • 体験入学・個別相談会
  • 資料請求

OB・OG卒業生の声

VOICE

OB・OG卒業生の声

  • 介護福祉科 卒業生
    山下 彩夏さん
    ◎諫早農業高校出身
    早く、仕事を身に着けて一人前になりたいです。
    特別養護老人ホーム 長崎の家 勤務

    高校2年生の職場体験でグループホームに行き、「高齢者の方と一緒に、幸せな時間を過ごせるような仕事をしたい」と思い、介護福祉科へ入学しました。学生生活で楽しかったのは、修学旅行です。上級生の先輩や他の学科の人と交流ができ、いい思い出になりました。まだ学校で習った事を100%活かせている訳ではないですが、学校で学んだことや介護技術を土台にして応用することで、日々の仕事を頑張っています。後輩の皆さんは、入学したら授業や実習を無駄にせず、頑張ってください。
  • 介護福祉科 卒業生
    鶴田 彩乃さん
    ◎松浦高等学校出身
    “感謝の言葉”をいただける仕事です。
    特別養護老人ホーム 鶴舞苑 勤務
    高校生の頃、祖母の入院のお見舞いに行った際、食事介助や入れ歯を洗った時に、「ありがとう」と言われたのをきっかけに介護の仕事を志望しました。いざ、現場を経験してみると、知識がすごく大切で「介護技術」の授業は、一人一人の入居者様に合わせた介護を行う上で、大変役立っています。うまくできた際、利用者様に「良かった、助かった」と言って頂いた時はとてもやりがいを感じています。先輩方にアドバイスを頂き、 知識・技術を身につけて頑張っていきたいです。
  • 柔道整復師学科 卒業生
    中島 望美さん
    ◎西陵高等学校出身
    患者様の笑顔が日々の喜びです。
    かわな鍼灸・整骨院 勤務

    高校時代、お世話になった整骨院の先生に憧れ、柔道整復師学科を選びました。今までは縁のなかった専門的な分野の難しさに、戸惑いや焦りがあり、諦めそうにもなりましたが、先生方の丁寧で的確なご指導のおかげで、国家試験に合格することがでしました。現場では、より一層深い知識と、患者様一人ひとりへの気配りや思いやりが必要となります。一人でも多くの患者様の痛みを和らげ、笑顔にできるように、これからも努力し続けていきます。
  • 柔道整復師学科 卒業生
    神崎 健士郎さん
    ◎長崎鶴洋高等学校出身
    学校で学んだことが基礎になっています。
    みやび整骨院 大浜 勤務
    私は高校時代ラグビー部に所属し、ケガをした時に整骨院へ通っていました。そのことがきっかけとなり、今の職業を志しました。授業では、先生方が経験談や例え話などを交えてわかりやすく説明してくれたので、安心して学べました。授業の中で特に役に立っていると思うのは解剖学です。「どの筋肉が影響をして痛みが出ているのか」など、学校で学んだ事が毎日の施術に生かされています。仕事を始めてからは、患者様への心遣いを大切にして、「ありがとう」と言っていただけるように毎日励んでいきます!
  • 医療ビジネス科 卒業生
    大川 真依さん
    ◎西彼杵高等学校出身
    努力したことが今の仕事に活かせています。
    医療法人 あんず整形外科 勤務

    高校生の頃、将来の医療事務の仕事がしたいと思い、専門的な学校を探していました。この学校は、多くの検定を取得でき、就職率も100%だったので入学しました。学校の楽しかった思い出は研修旅行です。一泊二日で島原市の名所を回り、友達とのたくさんの良い思い出ができました。診療報酬請求事務能力認定試験の勉強は、出題範囲も広く、大変でしたが、検定試験で学んだことが今の私の基礎になっているので、頑張って良かったと思います。
  • 医療ビジネス科 卒業生
    小笠原 春佳さん
    ◎長崎商業高等学校出身
    なりたい仕事に就くことができました。
    かたやまハートケアクリニック 勤務
    資格を取得し、手に職をつけたいという思いから、医療事務に就きたいと思いました。在学中は、医療事務に関する勉強・資格取得はもちろん、パソコンや簿記などの一般事務にも役立つことを学びました。実際に働くうえで不安なことも多かったのですが、実習や先生方の勧めで始めた病院でのアルバイト経験や、同じ状況にいるクラスメイトの存在が心の支えとなりました。仕事の中で患者様から「ありがとう」と言っていただけることが、一番の喜びです。患者様一人ひとりに寄り添えるような事務員になれるよう頑張っていきます。
  • 保育こども学科 卒業生
    今村 有沙さん
    ◎社会人入学
    憧れの保育士へ私もなれました。
    大浦保育園 勤務

    私はこどもの頃から保育士に憧れ、この保育園に保育補助として勤務をしていました。しかし、資格がなく思うように仕事ができなかったので、保育士の資格取得を目指して入学しました。先生とは意見がぶつかることもありましたが、そのたびに本気になって接してくれました。また、実習前に先生からもらったメッセージカードは、私の大切な宝物です。今は、保育補助として働いていた頃よりも任せてもらえることが増え、責任も重く大変ですが、先のことを予想して働けるように頑張っていきたいと思います。
  • 保育こども学科 卒業生
    上田 優希さん
    ◎長崎工業高等学校出身
    こどもの心に寄り添い支えていきたい。
    児童養護施設 明星園 勤務
    こどもが好きで保育所や幼稚園などで働きたいと思い、入学しました。学校の先生方は、授業だけではなく、日々の生活態度も含めて、本当の親のように親身になって指導してくださり、とても感謝しています。今の職場に進んだきっかけは、心理学の授業で児童養護施設の存在を知ったことです。授業で学んだことは、「こどもたちがどう思っているのか」を理解するためにとても役に立っています。今後は、こどもたちとの関係をもっと密にし、自立できるようにしっかりと支えていきたいと思います。
社会へ巣立ち、そして活躍する人材の育成をこの長崎から
  • 女性の自立と社会進出を応援します!

    これまで多くの卒業生を輩出してきた中で、近年輝きを見せるのが資格や検定を持って働く女性たちです。 今回のfrom OB・OGで紹介させて頂いた女性たちは、将来の希望を抱いて進学し、資格・検定を持って社会に踏み出した女性たちばかりです。医療事務や保育士・幼稚園教諭は、女性の仕事としての認知も高い仕事でしたが、柔道整復師やその資格を活かしたスポーツトレーナーなどの仕事は男性の仕事としての認知が高いものでした。しかし、女性をターゲットにした企業コンセプトや女性の施術者のニーズなどから、女性の資格者を求める事業所も増えています。医療やスポーツ分野、保育・幼児教育分野を目指す女性をこれからも長崎医療こども専門学校は応援します。
  • 人を育て、夢を応援する長崎の学校として

    専門学校として、学生たちの資格・検定の取得と就職の実現を目指して専門教育を行うことはもちろんですが、学習面での補習授業や検定・国家試験対策など手厚い修学支援、担任による個人面談なども行っています。また、保育こども学科では、保育者になるための心の教育にも力を入れ、保育現場への就職や就職後の保育者としての意識の向上を計っています。
  • 長崎医療こども専門学校が考える就職を実現する3つの柱

    長崎医療こども専門学校の4学科は、これまで長崎柔鍼スポーツ専門学校の柔道整復師学科・保育こども学科、長崎情報ビジネス専門学校の医療ビジネス科・介護福祉科として、多くの卒業生を輩出してきました。今までもこれからも、専門分野に特化した「専門教育」、「資格・検定取得」、「就職支援」の3つの柱のもと、資格・検定を持った即戦力となる人材の養成と専門分野への就職の実現を目指し、社会に貢献できるよう取り組んで参ります。