• 新着情報
  • 交通アクセス
  • 体験入学・個別相談会
  • 資料請求

社会人入学のメリット

MERIT & START YOUR OWN BUSINESS

社会人入学のメリット

  • 社会人入学のメリット
  • 転職や独立を考える社会人にとって、柔道整復師や保育士、幼稚園教諭はニーズが高い優位な職業です。社会人経験者は、コミュニケーション力もあり、国家資格を持つことで大きなやりがいをすぐに感じられるはずです。
  • 短時間で集中して学べます!

    柔道整復師学科(社会人入学)
    山田 篤志さん
    私が柔道整復師を選んだのは、整骨院で治療をしてもらい、自分も治療できる立場になりたいと思ったからです。専門的な科目は覚えることが多いですが、授業は午後から短時間なので集中力を切らすことなく学べています。社会人なので不安はありましたが、同じ目標を持つ仲間と楽しみながら学習でき、クラスの仲間を牽引できるようになりたいと思っています。また、先生方の対応もとても丁寧で、わからないことに対しても熱心に指導してくれるので入学して良かったと思います。
  • 年齢や立場に関係なく楽しめています

    柔道整復師学科(社会人入学)
    西平 孝就さん
    私は肩こりや腰痛で悩んでいて、同じ境遇の人を理解し、「自分自身の手で誰かにサービスを提供したい」と思い、柔道整復師を選びました。オープンスクールに参加した時に、学校の雰囲気が良く、勉強に集中できる環境だと思いました。わからないことや疑問に思うことはその日のうちに理解し、国家資格を取りたいです。先生方が親身になって勉強を教えてくださり、年齢や立場など関係なく楽しい学校生活を送れています。人とは違う技術を身に付け、患者様の気持ちを理解できる柔道整復師になりたいです。
  • 勉強も学校生活も楽しめています

    医療ビジネス学科(社会人入学)
    森川 美咲さん
    病気で辛い時、病院の受付の方の対応と笑顔に助けられ、不安な気持ちが和らいだことがありました。人と接することが好きな性格もあり、医療事務の仕事に興味を持つようになりました。本校は検定の合格率が高く、学校の雰囲気も良かったため、学校生活を楽しみながら自分の目標に向かって頑張れる学校だと思いました。入学後は行事もたくさんあり、新しい友達もでき、とても充実しています。在学中はできる限り多くの検定・資格を取り、患者様に信頼してもらえるように頑張ります。
  • こどもの目線で考えられる保育士へ

    保育こども学科(社会人入学)
    森 河奈子さん
    私は一度別の進路へ進学していましたが、体調を崩し、将来のことに悩んでいました。そんな時、「自分が一番好きなことはこどもと関わる仕事だ」と思い、保育士を目指そうと決めました。昨年から学童保育のアルバイトをしていますが、入学してから専門的な内容を学ぶことができ、充実した毎日を過ごせています。社会人入学のため、新卒の方と馴染めるか心配でしたが、学校行事が多く、入学してからすぐに馴染むことができました。これからピアノを上手く弾けるように練習し、こどもの目線で考えられる保育士になりたいです。
  • 独立開業の夢をかなえよう
  • 柔道整復師の仕事は、各種保険の取り扱いが可能で、医師と同様に独立開業できることが最大の魅力です。整骨院やスポーツ関連の企業などでも活躍でき、 自分の技術でやっていきたい人にとっては、やりがいの大きい職業です。

夢を実現した先輩たちからのメッセージ

  • 開業は、責任は大きいけれど
    やりがいを感じる毎日がある
    からだLAB たかひら整骨院

    院長高比良 健さん

    柔道整復師学科 卒業生(社会人入学)

    社会人を経験後、カイロプラクティックの勉強をし、治療院を開業。その後、将来性と国家資格の必要性を感じ、柔道整復師を目指しました。30代からの社会人入学でしたが久しぶりの学生生活は楽しかったです。この仕事は、毎日が勉強の連続で自分が高められ、患者様との触れ合いは、同じ日が1日としてないのが素晴らしいと思います。将来は、技術向上のためにもカイロプラクティックの治療院を併設したいです。
  • 患者様との信頼関係が
    大きな喜びとなって戻ってくる
    新大工町鍼灸整骨院

    院長溝口 勝則さん

    柔道整復師学科 卒業生(社会人入学)

    柔道整復師の資格を活かして、ハンドボールチームのトレーナー活動を行っていますが、チームが全国制覇を達成し、選手たちから感謝されたときは、本当に嬉しく心からやりがいを感じました。治療は、自分と相手の1対1で行うため、技術だけでなく、思いやりの心が最も大事です。国家資格取得が目的でなく、資格を持って人にどう貢献できるかを考えると、将来設計も明確になってくると思います。
  • 自分らしい治療院を目指せます
    にしはまのまち鍼灸整骨院

    院長小森 貴士さん

    柔道整復師学科 卒業生(社会人入学)

    怪我で整骨院に通院したとき、この職業の奥深さを感じ、柔道整復師を志しました。当時は造船業の仕事をしながら通学していたため、両立は大変でしたが、楽しい学校生活を送りながら先生方のご指導の下、国家試験合格を果たすことができました。生涯勉強しなければならない職業であり、資格取得後も大変なことはありますが、それ以上に私自身が患者様から「笑顔」という大きな力をいただいています。患者様にとって心の拠所でもある「唯一無二」の治療院を目指していきます。
  • 開業はゴールではなく、ここからがスタート
    たけむら整骨院

    院長武村 拓哉さん

    柔道整復師学科 卒業生(社会人入学)

    腰痛持ちの母をマッサージしたとき、症状が緩和し「ありがとう」と言ってもらえたことに喜びを感じ、工業系の高校へ通っていましたが、「一度きりの人生、やりたいことをやろう!」と決意し、全く違うこの道を選びました。学業と仕事を両立することは大変でしたが、今では大きな財産になっています。卒業後は整骨院で技術を磨き、開業しましたが、ここからがスタート。試行錯誤の毎日ですが、楽しみながら施術しています。患者様に喜んでもらい、そして感謝の言葉をいただける、とても素晴らしい仕事です。