• 新着情報
  • 交通アクセス
  • 体験入学・個別相談会
  • 資料請求

社会人入学のメリット

MERIT & START YOUR OWN BUSINESS

社会人入学のメリット

  • 社会人入学のメリット
  • 転職や独立を考える社会人にとって、介護福祉士、柔道整復師、医療事務、保育士、幼稚園教諭はニーズが高い優位な職業です。社会人経験者は、コミュニケーション力もあり、国家資格を持つことで大きなやりがいをすぐに感じられるはずです。
  • ここでしか感じることのできないものがあります

    介護福祉科(社会人入学)
    山口 美生子さん
    身近に介護福祉士として働いている人がいて、今の年齢だからこ そできることがあるのではないかと感じ、介護福祉士の資格取得を 目指そうと思いました。介護の現場で働きながら資格取得を目指す よりも、学校の方が専門的な知識を集中して学ぶことができ、理解 を深めることができます。また、年齢や国籍の違う人もいるため、たくさんの考え方や感じ方があることに気づき、自分自身の成長を感じることができているので入学してよかったと思います。卒業後は、介護される方の立場になり、 必要とされる存在でありたいと思います。
  • 温かく声をかけてくれるので 励みになります

    柔道整復師学科(社会人入学)
    山谷 隆史さん
    私がこの職種を選んだのは「多くの人の笑顔を見たい」と思ったからです。以前、接客業をしていましたが、できることが限定的で期待に沿えないことが数多くありました。そんな時に、多くの人を笑顔に変えることができるこの仕事を知り、魅力を感じました。入学してからは、先生や先輩方がとても親切で、教室に残って勉強していると声をかけてくれるので励みになります。クラスメイトとは一回り以上離れていますが、親しみのある学生ばかりなのでこの学校を選んでよかったと思います。将来は親身な対応と心のケアを大切にする柔道整復師になりたいです。
  • 社会人でも安心して学べます

    医療ビジネス科(社会人入学)
    三浦 美里さん
    以前、私が病院に通院していた時、優しく接してくれた事務の方に憧れ、医療事務の仕事に興味を持ちました。社会人入学なので、年齢の差に不安を感じることはありましたが、みんな明るく接してくれるので、とても居心地がよく、毎日楽しく過ごすことができています。学生生活は、一度離れた学習にしっかりとついていき、アルバイトをしながら充実した毎日を送っていきたいです。将来は、歯科医院に就職し、歯科助手として活躍したいと思います。
  • 同じ夢を持つ仲間がいるので楽しいです

    保育こども学科(社会人入学)
    福岡 省吾さん
    私は、一度就職して働いていましたが、「こどもと接する仕事をしたい」という夢をあきらめることが出来ず、この学校の体験入学に参加しました。最初は年の差を感じ、戸惑うこともありましたが、先生と学生の距離が近く、気軽に相談できるので不安もすぐに無くなりました。授業は、ピアノやものづくりなど慣れないことはありますが、何事にも積極的に取り組んでいきたいと思います。年齢の違いはありますが、同じ夢に向かうクラスメイトと共に、3年間楽しみながら保育士としての 知識を身に付けていきたいです。
  • 毎日学校に行くのが楽しみです

    保育こども学科(社会人入学)
    村野 志保さん
    私が保育士を目指そうと思ったのは、成長するこどもの姿を間近に見ることができ、直接関わることのできる仕事だと思ったからです。社会人入学ということもあり、とても心配でしたが、すぐに友達もでき、今では学校に行くのが楽しみになっています。また、クラス担任制なので、先生との距離も近く、温かい雰囲気の中、心にゆとりを 持った学校生活を送っています。これからは、学童保育施設などでアルバイトをして、こどもの成長や先生方の対応の仕方を学び、こどもの興味や関心を引くような楽しい遊びを考え、プロの保育者としての意識を高めていきたいです。
  • 独立開業の夢をかなえよう
  • 柔道整復師の仕事は、各種保険の取り扱いが可能で、医師と同様に独立開業できることが最大の魅力です。整骨院やスポーツ関連の企業などでも活躍でき、 自分の技術でやっていきたい人にとっては、やりがいの大きい職業です。

夢を実現した先輩たちからのメッセージ

  • 開業は、責任は大きいけれど
    やりがいを感じる毎日がある
    からだLAB たかひら整骨院

    院長高比良 健さん

    柔道整復師学科 卒業生(社会人入学)

    社会人を経験後、カイロプラクティックの勉強をし、治療院を開業。その後、将来性と国家資格の必要性を感じ、柔道整復師を目指しました。30代からの社会人入学でしたが久しぶりの学生生活は楽しかったです。この仕事は、毎日が勉強の連続で自分が高められ、患者様との触れ合いは、同じ日が1日としてないのが素晴らしいと思います。将来は、技術向上のためにもカイロプラクティックの治療院を併設したいです。
  • 患者様との信頼関係が
    大きな喜びとなって戻ってくる
    新大工町整骨院

    院長溝口 勝則さん

    柔道整復師学科 卒業生(社会人入学)

    柔道整復師の資格を活かして、ハンドボールチームのトレーナー活動を行っていますが、チームが全国制覇を達成し、選手たちから感謝されたときは、本当に嬉しく心からやりがいを感じました。治療は、自分と相手の1対1で行うため、技術だけでなく、思いやりの心が最も大事です。国家資格取得が目的でなく、資格を持って人にどう貢献できるかを考えると、将来設計も明確になってくると思います。
  • 開業はゴールではなく、ここからがスタート
    たけむら整骨院

    院長武村 拓哉さん

    柔道整復師学科 卒業生(社会人入学)

    腰痛持ちの母をマッサージしたとき、症状が緩和し「ありがとう」と言ってもらえたことに喜びを感じ、工業系の高校へ通っていましたが、「一度きりの人生、やりたいことをやろう!」と決意し、全く違うこの道を選びました。学業と仕事を両立することは大変でしたが、今では大きな財産になっています。卒業後は整骨院で技術を磨き、開業しましたが、ここからがスタート。試行錯誤の毎日ですが、楽しみながら施術しています。患者様に喜んでもらい、そして感謝の言葉をいただける、とても素晴らしい仕事です。