• 新着情報
  • 交通アクセス
  • 体験入学・個別相談会
  • 資料請求

社会人入学のメリット

MERIT & START YOUR OWN BUSINESS

社会人入学のメリット

  • 社会人入学のメリット
  • 転職や独立を考える社会人にとって、柔道整復師や保育士、幼稚園教諭はニーズが高い優位な職業です。社会人経験者は、コミュニケーション力もあり、国家資格を持つことで大きなやりがいをすぐに感じられるはずです。
  • より多くのことを学んで多くの患者様を助けられる先生になりたい

    柔道整復師学科(社会人入学)
    山口 広大さん
    私が柔道整復師を選んだのは、患者様と向き合える仕事がしたかったからです。より多くのことを学んで、多くの患者様を助けられる先生になることが目標です。社会人の私でも勉強しやすい環境だと思いこの学校を選びました。実際に先生方の手厚いサポートがあり、わからないことがあればすぐに教えてくれる、熱心な指導がとても嬉しいです。社会人なのでいろいろと不安はありましたが、クラスの仲間と楽しく勉強ができるのでいい学校を選んだと思っています。
  • 指導の姿勢が前向きなので「頑張ろう!!」と思います

    柔道整復師学科(社会人入学)
    南里 優子さん
    国家資格なのでどこに行っても働くことができ、人の身体の痛みをとることができる、「素敵な仕事だな」と思い柔道整復師を志しました。久しぶりの学生生活なので、社会人の仕事モードから学生モードに少しずつ切り替えて勉強しなければなりませんが、学生のときにしかできないことにもトライしていきたいです。この学校は指導の姿勢がとても前向きで、親身になって勉強を教えてくださるので、いつも「頑張ろう!!」と思います。
  • 治療も指導も行えるスポーツ柔整師となれるよう精進したい

    柔道整復師学科(社会人入学)
    島田 勝さん
    これまで機械系のエンジニアとして歩んできましたが、フィットネスによる身体作りに興味を持ち、スポーツに関連する仕事に転職したいと考えるようになりました。スポーツトレーナーの民間資格はありますが、スポーツ障害へのアプローチを可能とする柔道整復師という国家資格を取ることで、より自分を売り込めるのではと考え、この学校のスポーツ柔整コースへ入学しました。先生が一人ひとりを確実に資格取得できるよう親身になって指導してくださるので、選んで良かったと思っています。
  • 学童保育のアルバイトで得た知識を保育士という将来の夢へ役立てたい

    保育こども学科(社会人入学)
    川上 友里栄さん
    以前からこどもと触れ合うことが好きで、保育士という職業に興味を持ちました。現在待機児童が問題になっていることもあり、少しでも社会貢献できればと考え、保育士を目指すためにこの学校へ入学しました。学校の明るい雰囲気、親身になって相談に乗っててくださる先生を見ていると、この学校を選んで良かったと感じます。現在、学童保育のアルバイトをしています。こどもたちとの関わりを持つことで得た知識を、保育士という将来の夢へ役立てたいです。
  • 先生方を見習い“安心できる先生”になっていきたい

    保育こども学科(社会人入学)
    山口 勝平さん
    今、学童保育施設でアルバイトをしながら学校へ通っています。こどもと触れ合うことが楽しいので、資格を取得したら先生としてこどもたちを見守っていきたいと考えています。働きながら学校へ通えることがこの学校の強みだと思います。入学してみて、自分が知らなかったこどものことや社会のことを知ることができました。授業は大変ですが、自分が好きなことを学べるので楽しいです。先生方のこどもたちへの接し方を見習い、誰もが安心できる先生を目指していきたいです。
  • 独立開業の夢をかなえよう
  • 柔道整復師の仕事は、各種保険の取り扱いが可能で、医師と同様に独立開業できることが最大の魅力です。整骨院やスポーツ関連の企業などでも活躍でき、 自分の技術でやっていきたい人にとっては、やりがいの大きい職業です。

夢を実現した先輩たちからのメッセージ

  • 患者様との信頼関係が
    大きな喜びとなって戻ってくる
    新大工町鍼灸整骨院

    院長溝口 勝則さん

    柔道整復師学科 卒業生(社会人入学)

    柔道整復師の資格を活かして、ハンドボールチームのトレーナー活動を行っていますが、チームが全国制覇を達成し、選手たちから感謝されたときは、本当に嬉しく心からやりがいを感じました。治療は、自分と相手の1対1で行うため、技術だけでなく、思いやりの心が最も大事です。国家資格取得が目的でなく、資格を持って人にどう貢献できるかを考えると、将来設計も明確になってくると思います。
  • 開業は、責任は大きいけれど
    やりがいを感じる毎日がある
    からだLAB たかひら整骨院

    院長高比良 健さん

    柔道整復師学科 卒業生(社会人入学)

    社会人を経験後、カイロプラクティックの勉強をし、治療院を開業。その後、将来性と国家資格の必要性を感じ、柔道整復師を目指しました。30代からの社会人入学でしたが久しぶりの学生生活は楽しかったです。この仕事は、毎日が勉強の連続で自分が高められ、患者様との触れ合いは、同じ日が1日としてないのが素晴らしいと思います。将来は、技術向上のためにもカイロプラクティックの治療院を併設したいです。