SOCIETY
社会人の方へ

社会人入学のメリット

転職や独立を考える社会人にとって、介護福祉士、柔道整復師、医療事務、保育士、幼稚園教諭はニーズが高い優位な職業です。
社会人経験者は、コミュニケーション力もあり、国家資格を持つことで大きなやりがいをすぐに感じられるはずです。
  • 介護の業界で自分を成長させたい

    介護福祉科
    渡邊 薫さん
    入学する前は、人と接することが好きで、接客業の仕事をしていました。しかし、「これまでの経験を活かしながら、新たな業界で知識とスキルを得られないか」と考えるようになり、介護の仕事をしている先輩から「介護の仕事は大変なイメージがあるけど、喜びを感じる方が大きな仕事だよ」と言われ、私も挑戦してみたいと思うようになりました。卒業後は利用者の方と一つひとつの関わりを大切にし、喜びを感じたり、人の役に立ったりしたいと思います。そして、多くの方の笑顔や喜びを引き出せる介護福祉士を目指し、私自身も人として大きく成長できるように頑張ります。
  • 国家資格を取得しスポーツに関わる仕事へ

    柔道整復師学科
    岩永 悠也さん
    小学校から高校までサッカーをしていて、スポーツに関わる仕事に就きたいと思っていました。そんな時、親戚が柔道整復師の資格を持っていることを知り、その資格でできることを聞くうちに興味が湧き、自分もその資格を取りたいと思うようになりました。社会人入学ということもあり、高校を卒業してから勉強をしていなかったので、授業についていけるか心配でしたが、わからないことがあれば、先生やクラスメイトに教えてもらいながら学んでいます。将来は、自分が好きなサッカーやスポーツに関わる仕事に就けるように頑張りたいです。
  • 医療事務の立場から患者さんを支えたい

    医療ビジネス科
    渡邊 加奈 さん
    私は以前、看護の学校に通っていました。しかし、体力が追い付かず、続けていくのが厳しいことを実感し、別の道を探そうと思いました。「医療機関に勤めたい」という気持ちは変わらなかったので、事務の立場から患者さんを支えていける、医療事務の仕事に興味を持ちました。クラスの大半の人が、私より年齢は若いため不安に思っていましたが、全く気にすることなく楽しい時間を過ごせています。これからは、看護の学校で学んだことを活かしながら、信頼される医療事務員になるために、しっかりと勉強を頑張りたいと思います。
  • 子どもの笑顔と成長に携わりたい

    保育こども学科
    広田 茉菜絵 さん
    私は小さい頃から子どもが好きだったので、子どもの笑顔と成長に携わることのできる保育士になりたいと思いこの学校を選びました。社会人入学ということもあり、最初は周りとの年の差に不安を感じると思いましたが、初日から楽しく、安心した学校生活を送っています。クラス担任制ということもあり、先生との距離が近く、気軽に相談することができます。私は今まであまりピアノやものづくりをしたことがなかったので、3年間で積極的に学習に取り組み、技術を習得し、そして保育士として大切な知識も身に付けたいと思います。将来は子どもの笑顔をたくさん引き出せる保育士になりたいです。
  • クラスメイトとすぐに馴染めました

    保育こども学科
    松田 菜美恵 さん
    私は一度栄養士として就職をしましたが、親戚の子どもたちの面倒をみるうちに、「私の一番好きなことは子どもと関わる仕事だ」と思い、保育士として再スタートするためにこの道を選びました。社会人入学のため、高校卒業後、すぐに入学をしてきた学生と馴染めるか心配でしたが、すぐに溶け込め、楽しい学校生活を過ごしています。これから保育士に必要な知識やピアノの技術を身に付け、保育園でアルバイトをしながら現場のことを学び、子どもの目線で考えることのできる保育士を目指して頑張ります。

独立開業の夢をかなえよう

柔道整復師の仕事は、各種保険の取り扱いが可能で、医師と同様に独立開業できることが最大の魅力です。
整骨院やスポーツ関連の企業などでも活躍でき、 自分の技術でやっていきたい人にとっては、やりがいの大きい職業です。


  • 01
    自分に出来る事が
    患者様の喜びに繋がる仕事です

    坂巻 章さん

    一社会人として長年勤めていた中、外傷を負ったのがきっかけで、治療の為に接骨院に通院する内にこの仕事に興味を持ちました。退職を期にこの道に入る為、当校に入学しました。 卒業後在学時よりお世話になっていた整骨院の師匠より独立する形で、開業させて頂きました。「痛み」と言う目には見えない症状と向き合う仕事なので、毎日が勉強です。そんな中でも、患者様の症状が日に日に改善して行き笑顔が出てくるのを見ると、とてもやりがいを感じ喜びを見出だせる仕事なのだと言う事が実感出来る仕事だと思います。
  • 02
    患者様の「笑顔を創造する」
    事ができる素晴らしい仕事です

    若杉 篤さん

    接客業という畑違いな職業から、30歳を機に興味があった柔道整復師を目指しました。先生方の手厚いサポートのおかげで充実した学校生活を送る事ができました。 国家資格の勉強は、1年生からの地道な積重ねが結果につながります。資格取得後は学生時代から勤務していた整骨院で経験を積んで独立開業しました。 患者様の身体を直接さわる為、責任のある職業ですが、反応を直に感じる事ができて、やりがいがあり、一人でも多くの笑顔を創造する為に、日々努力し続けたいと思います。 人の役に立つ事が好きな方にはぜひ挑戦してほしい仕事です。
  • 03
    格闘技の経験も生かして、
    自分らしい整骨院を築いていきます

    森 欽司さん

    私は以前、K-2グランプリ中量級王者となり、プロとしてK-1 korea MAX出場など10年間格闘技に励んで来ました。整骨院には現役時代からお世話になっていて、治療の大切さを学び、柔道整復師を目指すきっかけとなりました。社会人入学して仕事と学業の両立を頑張り免許取得することが出来ました。その後、整骨院で経験を積み、妻と一緒に独立開業しました。現在では誠心誠意をモットーに、一人ひとりの症状に合わせた丁寧な治療を心掛けています。これからは、格闘技をしていた経験を活かしトレーニングなども取り入れながら、自分達らしい整骨院を築いていきたいです。