SOCIETY
社会人の方へ

社会人入学のメリット

転職や独立を考える社会人にとって、介護福祉士、柔道整復師、医療事務、保育士、幼稚園教諭はニーズが高い優位な職業です。
社会人経験者は、コミュニケーション力もあり、国家資格を持つことで大きなやりがいをすぐに感じられるはずです。
  • 2年間あるので多くの検定取得を目指せます

    医療ビジネス科
    山中 都紀さん
    私が医療事務に進みたいと思った理由は、「安心した医療を提供できる仕事に携わる一員になりたい」と思ったからです。この学校は、医療事務についてしっかり学べるカリキュラムが整っており、2年間で多くの検定や資格を取得できるところに魅力を感じました。入学当初は不安でしたが、先生方の丁寧な指導の下、課題を理解し自分のペースで進めることができました。卒業後は、身に付けた知識を活かし、医療の現場で力になれる人材になりたいです。
  • パワーをもらいながら楽しく学んでいます

    介護福祉科
    田川 修さん
    私の家族がお世話になっている、訪問看護や訪問リハビリの方々の姿が心強く、私も同じように困っている方の負担を少なくし、しっかりとサポートできる仕事に就きたいと思い、介護福祉士を目指すことを決めました。この学校は、資格取得率が高く、有益な関連資格も取得できると考え選びました。クラスには、自分の子どもと同じくらいの年齢の学生が多いので、パワーをもらいながら楽しく勉強しています。将来は、利用者の方に安心してもらえる介護福祉士を目指し、経験を積んで社会に貢献していきたいです。
  • やりがいを感じられる仕事に就くために

    保育こども科
    井上 翔太 さん
    中学生の頃、保育園の見学に行きました。先生方はこどもたちに明るく接し、昼寝をしている時には日誌を書いたり、プリントを作成したり大変だなと思いました。しかし、保育士の先生に話を聞くと、「仕事は大変だけど、できなかったことができるようになるこどもの成長を見ると、やりがいを感じるよ」と話され、それから私も保育士になりたいと思うようになりました。就職後もこの思いは変わらなかったので、この学校への進学を決めました。保育の知識や技術を学び、一人前の保育士になれるよう頑張ります。
  • 新たな資格で高齢者の方をサポートしたい

    柔道整復師科
    並川 結衣 さん
    私は以前、介護福祉士として働いていました。その時に利用者の体をケアする柔道整復師の方と出会い、施術する姿を見ていくうちに憧れを持つようになりました。新しいことに挑戦することは勇気が必要でしたが、なりたい仕事に就くため、この学校への進学を決めました。社会人から学生へ戻るのは戸惑いもありましたが、新鮮な気持ちで、3年間学生生活を楽しみながら勉学に励みたいと思います。国家試験に合格して資格を取得したら、高齢者の方々の日常生活を過ごしやすいように体を施術し、サポートしていきたいです。
  • 年の差関係なく楽しく過ごせています

    保育こども科
    鬼塚 藍 さん
    私は以前、ゴルフに携わる仕事を10年以上続けていましたが、自分の娘を保育園に預けた際、保育士の方と直接話せる機会があり、こどもの無限の可能性を引き出す教育法や様々な工夫を凝らし、こどもたちに合った接し方をする保育士の姿を見て、「保育士になろう!」と思い、この学校へ入学しました。社会人入学で周りとの年齢差に不安を感じていましたが、年の差関係なく友人達と楽しい学校生活を過ごしています。3年間で専門的な知識や技術を習得し、園児や保護者に寄り添える保育士になれるよう頑張りたいです。

キャリアアップして夢をかなえよう

介護福祉士や柔道整復師などの専門性の高い資格を取得することで、資格に沿った施設や整骨院、
スポーツ関連の企業などに就職し、活躍することができます。
また、自分の技術や経験に応じて、キャリアアップできる、やりがいのある職業です。


  • 01
    医療・看護とならび
    人の生命に向き合える仕事です

    三浦 誉洋さん

    正直に言うと、入学時はあまり介護に興味がありませんでした。しかし、先生方の熱心な指導もあり、国家資格を取得することができました。大きな転機となったのは、高齢者施設に就職し、利用者様の死に立ち会った事です。人の命の儚さと無力さを痛感し、残された限りある命と向き合う為に何が必要かと考え、学生時代の仲間と起業しました。改編を行いながら、現在は高齢者と障がい者の介護事業を営んでいます。今後も初心を忘れず、利用者様に即した介護を提供したいと思っています。大変な仕事ではありますが、自分次第でそれ以上に得るものも大きい仕事です。
  • 02
    患者様の明るい未来を創る
    お手伝いができる仕事です

    松崎 翔登さん

    トトレーナーなどの人のケアをする仕事に就きたいと思っていた際、柔道整復師という資格があること、そしてその資格には開業権もあるということを知り、夢の実現のため、この学校に入学しました。勉強では何度もつまずきましたが諦めず、先生方にサポートしていただき、無事に国家資格を取得することができました。整骨院では個人的にトレーナー活動も行い、多くのことに挑戦しています。患者様は一人ひとり症状や痛みの場所が違うので難しいですが、患者様に寄り添った施術を行い、良い方向へと導くことで、明るい未来を創るお手伝いができる仕事だと感じています。